結合部分の緩み

素敵なリビング

日本の住宅事情は高度経済成長期頃を境に著しく状況が変化しています。
かつては和風住宅が主流で、その工法も木造軸組工法と呼ばれる工法が主流でしたが、現在では洋風住宅の多く、工法も複数あります。
それに伴い住宅設備も多用化しており、水周り設備も国内海外の何れの設備機器メーカーの製品も多数市場に流通しています。
このような状況下でオーダーメイドの内装が流行していることもあり、住宅設備は更に多様化の一途を辿っています。
このため水周り住宅設備の顧客ニーズも幅広いものとなっており、それは修理からメンテナンス、リフォームに至るまで設備業者側にも幅広い対応を求められていることに繋がっています。
そのため水周り住宅設備会社も今後はますます顧客ニーズに合わせて商品取り扱いやサービス取り扱いの細分化が進むと見られています。

今までの水周り住宅設備会社はその多くは受諾型と呼ばれる営業が多く見られました。
つまり最初に顧客が何かを望み、そのニーズに応えて会社側が顧客の望む商品、あるいはサービスを提供するという流れです。
しかし前述のように住宅の設備が多様化し、サービスも細分化していく中で、それらの専門知識を持たない一般の人には一体どういった商品やサービスがあって、自分のニーズに合致したものはどれか、を知ることが難しい時代へとなっています。
そこで現在これらの会社に求められているのが商品やサービスを知り尽くしたプロが顧客目線に立って物を考え、必要としているのものをプロデュースするという、提案型の営業です。
例えば顧客がトイレのリフォームをしたいが、高齢者でも安心して使用できるものが良い、と希望した場合はバリアフリー対応のトイレ製品やL字型手すりの導入などの最低なプランを提案するといった具合です。
今後も顧客ニーズの幅が広がり続ける以上、提案型の営業をできる水周り住宅設備の需要は高まると考えられています。