業者に依頼

カウンターキッチン

住宅設備機器の水周りの商品として、「キッチン」「ユニットバス」「洗面台」「トイレ」等が代表的です。
家の住宅設備を選ぶにあたって大変なのはメーカー選びになります。
メーカーによって少しずつ商品の特徴が変わっていますが、ほとんどが類似しており、カタログを見るだけでは内容が分り辛い場合が多いです。
その為多くのメーカーは独自の住宅設備機器を展示したショールームを設けています。
メーカーによってショールームの展示方法が変わります。
ショールームの展示方法に違いを出すことで、顧客に与えられる印象が大きく変わります。
ショールームの中に小さなモデルルームを展示し、そこに和風をイメージしたキッチンルーム、洋風をイメージした洗面所など印象を変えることで顧客に商品の良さを伝えています。

ショールームの中に展示している住宅設備機器にも種類が豊富で、例えばキッチン一つをとってもガスコンロ、レンジフードの機能によって金額が変わったり、キッチンの表面加工の仕様によってランク分けされていたりと、メーカーの選択だけでなく、仕様によっても住宅設備を選択しなければなりません。
また、メーカー独自に特化した部分を商品に反映しています。
例えばホーローパネルを扱う会社は掃除の楽さを重視した商品を大きくアピールし宣伝しています。
また、陶器の機能を重視した会社はトイレにいかに汚れがつかないかなど、メーカーによって秀でている部分が少しずつあります。
住宅設備機器でユニットバスはどのメーカーも仕様が似ていますが、ユニットバスの床についてはメーカーによって少し違いが見えます。
磁器タイルを使用したメーカー、踏んだら柔らかく温かい床など違いを見つけることができます。